本文へスキップ

誰でも気軽に書ける【非公式】読み物中心の攻略記事まとめサイト

や行ポケモン大辞典

このページはポケモンに関する様々な用語を纏めてちょっとした辞典にしようというページです。

しかし…!
自分ひとりの手でポケモンの用語を収集して記事として纏めるのは少々しんどい…

そこでこの辞典の用語は誰でも好きに追加できるということにします。
(要はwiki風にやろうということですね)


投稿方法はこちらを参照

役割理論(対戦用語)

ポケモンに受け、封じ、潰しの三つの役割を与えてパーティを組む戦略理論。
金銀の頃に広まった概念。(アネデパミ)

役割論理(役割論理)

相手の交代先に高い負担をかける事でサイクルを崩壊させ無償降臨をさせないという戦略理論。
この理論で戦う人を論者という。(アネデパミ)

ヤケモン(アネデパミ)

役割論理の考えに基づいた育成をされたポケモン。
名前の頭を「ヤ」にする。
例:ラティオス→ヤティオス(アネデパミ)

ヤケモーニング(役割論理)

論者の挨拶。
元ネタはポケモンサンデーのポケモーニング。(アネデパミ)

ヤトリック(役割論理)

ヤーティ神の教えを忠実に守る論者。(アネデパミ)

ヤドン秋山(人物)

HGSS発売でジョウト推しだった頃のポケモンサンデーの1コーナー「教えてヤドン」で誕生したキャラクター。
ロバートの秋山がチープなヤドンの衣装を身に付け視聴者から寄せられたシュールな質問に答えて「俺はやっぱりヤドンなのかもしれない… や〜ん…や〜ん…」と締める。
地味に人気が出たらしく後に夏の恒例企画となったなりきりポケモンコンテストの発端となった。(アネデパミ)

ポケスマでも一度だけ登場した。(ジミー追記)

やめたげてよぉ!(セリフ)

ベルさんの名言。
タブンネ虐殺とかやめたげてよぉ!(不零矢)

ヤロテスタント(役割論理)

ヤーティ神の教えを守りつつ環境に合わせて細かい調整を行う論者。
本気で役割論理で勝つならこの方が良い。
更に言えばガチパにヤケモン1〜2匹くらいの方が良い。(アネデパミ)

ヤンチャムしやがって(ネタ)

ヤンチャムが無茶してやられた時の言葉。
「消えろ、ぶっ飛ばされんうちにな。」などのすてゼリフを吐いたあとに起こりやすい。
”ヤムチャしやがって”が元ネタ。
何故か流行りそうな予感がする。(アネデパミ)

ヤーティ(役割論理)

ヤケモンで固められたパーティ。(アネデパミ)

ヤーティ神(役割論理)

論者が信仰する神。
論者はヤーティ神の加護によってどんな命中の低い技でも必中になりしかも技が急所に当たり相手の攻撃をかわすことができる。
この力が使えない論者はヤーティ神に対する信心が足らない(アネデパミ)

唯一王(愛称)

ブースターの愛称。
物理型の炎タイプでありながら物理炎の大技フレアドライブを邪道として頑なに習得を拒んでいる勇者に敬意を込めて与えられた称号である。
ぶっちゃけ弱いのだが可愛いので皆からネタポケの代名詞として愛されている。もふもふ。(アネデパミ)

唯一王ll世(愛称)

クイタランの事。
唯一王を彷彿とさせる攻撃、特攻が高いが鈍速で低耐久というアンバランスな種族値。技が乏しいこと。アイアントの天敵という設定でありながら逆に返り討ちに合うことからこの名前が授けられた。(アネデパミ)

唯一神(愛称)

エンテイの事。
唯一王と同じく物理炎なのだがこちらは伝説ポケモンにも関わらず何故かフレアドライブを習得しなかった為、唯一神という名が付いた。
しかし2010年映画前売りでフレアドライブを習得したエンテイが配布されて全くフレドラが使えないという訳ではなくなった(結局Lv技としては習得してないけど…)(アネデパミ)

唯一歯車(愛称)

ギギギアルの事。
優秀な専用補助技ギアチェンジがありながらもとにかく技が乏しいため唯一ファミリーの一員となった。(アネデパミ)

ユキノオー(ポケモン)

種族値が高くなく、現時点弱点も全ポケモン中最大であるが霰パーティに限らず活躍するポケモン。
言わば低種族値強ポケモンの鏡である。
だが何故か筆者は顔を見ると腹が立ってくる。(不零矢?)

ユナイテッドタワー(地名・施設)

BWBW2のGTSで海外のトレーナーと通信交換をすると行けるようになる施設。
全131階あり海外版と通信をすることで行ける階が増え通信した相手のアバターと話をすることができる。
正直いらない施設。BW発売当初は没エリアかと思われていた。(アネデパミ)

夢特性(ゲームシステム)

通常とは異なる特性のこと。
基本的にポケモンドリームワールドで出会う
ポケモンが持っている。
中には夢特性が存在しないポケモンもいる。(シャイニング)

許さんぞ、人間のクズめ!(セリフ)

ポケットモンスターベストウィッシュ78話「ハチク登場!ウルガモスの聖なる山!!」にてハチクが言い放った一言
何故この台詞が出たかというとサトシのワルビルに対してハンターがブルンゲル2体で戦うという卑怯な戦法を使ったからである
因みにこの名言が出た回の脚本をタケシの「お前ら人間じゃねぇ!」という名言が生まれた回の脚本を務めていた大橋志吉が務めていた(ののの)

ヨスガシティ(街)

ジムリーダーはメリッサ。
こちらの筆者は当時年小でコンテストにはまっていてダンスが素人以下であった。(ジミー追記)

よくきたな!(セリフ)

育て屋じいさんに話しかけると表示される台詞。
毎日来てるだろうがと思うことうけあいだ。(アネデパミ)

ヨスガシティ(地名・施設)

シンオウ地方の大きな街。
コンテストやふれあいひろば、だいすきクラブなどの施設が揃う街。
ジムリーダーを探せならまだしも、最初からいねぇから飛ばしてあとで来いと言われる街。
当時小学校低学年だった筆者は早く倒したかったので空を飛ぶも無いのに何回も往復していた思い出がある。
教会らしきものがあるが未だに存在意義をわからない。
そういえばジムリーダーを探しにきたな、フェイクか?(不零矢)


獲得研究値

S級記事

A級記事

  • 不零矢
  • アネデパミ

B級記事

  • シャイニング
  • ののの
  • アネデパミ
  • ジミー
  • ジミー