本文へスキップ

誰でも気軽に書ける【非公式】読み物中心の攻略記事まとめサイト

パーティ構成論ポケモンXY

これまでの代表的パーティとその考察【天候パ編】 

どうも、最近雨パを作り始めたメタルモードです。
今回は、予想のネタが思いつかないので、
代表的なパーティについての考察を何回かに分けて書いていきたいと思います。

第一回目は天候パについてです。

※この記事は個人的な見解が含まれていますので、ご注意ください。

天候パの歴史

天候パはBW2でこれまで天候をすぐに変えられるポケモンが
カイオーガ、レックウザ、ユキノオーだけでしたが、
ニョロトノの夢特性雨ふらしとキュウコンの夢特性日照り
が解禁したことを背景に爆発的に流行しました。
今でも受けループパーティ(後日追加する予定)とともに
環境の最先端を行くパーティです。
では一つ一つ紹介していきます。

雨パ

ニョロトノをまず出し、雨を降らせ、
アンコールや滅びの歌等で相手を妨害してから、
キングドラを出し、特性すいすいが発動。
そのままドロポンや流星群で全抜きを狙うという戦法が有名なパーティです。
通称ニョログドラ
実際このパーティが天候パでは一番よく見ます。
その他電気タイプの高威力である特殊技、雷が必中になるため、
サンダーやボルトロス等の強力な電気タイプポケを無駄なく組み込めます。

代表的なポケモン:ニョロトノ、キングドラ、カブトプス等

晴れパ

炎タイプの技は火力が高い物が多く、攻撃性能に特化したポケモンが多いため、
火力重視のパーティとなります。
その他、ソーラービームが連発でき、
草タイプのポケモンの物である傾向にある特性に多く対応しているので、
草タイプのポケモンも活躍し、ソーラービームを覚える炎タイプも多いため、
苦手な水タイプも日本晴れ時には楽に倒すことができます。
しかし、相手に貰い火を持つポケモンがいると、
メインウェポンの炎技(特に大文字、オーバーヒート等)
が封じられてしまううえ、
晴れ状態で発動する特性を持つポケモン中心で組むため、
天候を変えられると完全に止まってしまいます。

代表的なポケモン:キュウコン、キマワリ、バクフーン等

砂パ

砂嵐状態では岩タイプのポケモンの特防が1、5倍になるため、
非常に硬くなります。特にバンギラスは脅威ですよねw
また、このパーティではカバルドンで砂嵐、ステロを撒き、
欠伸等で相手を妨害してからカバルドンをだし、
特性砂掻きの効果で素早さが2倍なったドリュウズで無双する
といった戦法が有名ですね。
この2体のコンボは「カバドリュ」と呼ばれています。
その他、砂隠れガブ等非常にメジャーなポケモンを組み込むことができます。

代表的なポケモン:カバルドン、バンギラス、ドリュウズ等

霰パ

氷タイプの高火力技である吹雪が必中になります。
氷タイプのポケモンは殆ど吹雪を覚えるので、
比較的構築が簡単です。
また、このパーティでは無限トドと呼ばれる戦法が有名です。
無限トドとは詳しく説明すると、
食べ残しを持たせたトドゼルガで守る+身代わりを交互に使うという戦法で、
食べ残し+アイスボディの効果で毎ターンHPが8分の1ずつ回復するため、
PPが切れるまで霰の影響を受けずに居座れるので、
霰のダメージで倒していくことができるというものです。
まぁ、霰のダメージだけで倒すのはさすがに時間がかかるので、
ほとんどの霰用トドゼルガは絶対零度を搭載してるんですけどね。

代表的なポケモン:ユキノオー、グレイシア、トドゼルガなど

各天候の対策法

ここからは各天候の対策法を考察します。
まず、天候パのどのパーティのデメリットとして共通しているのは、
当然、天候中心に組まれているパーティな訳ですから、
天候を変えられると簡単に止まってしまいます。
天候パの主力ポケモンはほとんどが天候で強化される技と、
発動する特性を持っていますからね。
そこで対天候パでお勧めのポケモンは、バンギラスですね。
このポケモンも砂パの軸として運用されますが、
ストーンエッジや三色パンチなど技のバリエーションが多彩で
そのうえ、相手が晴れパなら特に使われる技である
光合成、朝の陽ざし、月の光の回復量が4分の1になってしまい、
ソーラービームは貯めることが必要になり、
おまけに威力が60になってしまうなど、
散々な目にあわすことができますからね。
また、ゴルダックもお勧めです。
ゴルダックは特性ノー天気で天候そのものを無効にできますし、
瞑想など強力な積み技を覚えられますからね。


以上です。
今後も代表的なパーティの考察をしたいと思います。
何かありましたら、ご意見ください。


過去ログ

獲得研究値

S級記事

  • メタルモード

A級記事

B級記事