本文へスキップ

誰でも気軽に書ける【非公式】読み物中心の攻略記事まとめサイト

な行ポケモン大辞典

このページはポケモンに関する様々な用語を纏めてちょっとした辞典にしようというページです。

しかし…!
自分ひとりの手でポケモンの用語を収集して記事として纏めるのは少々しんどい…

そこでこの辞典の用語は誰でも好きに追加できるということにします。
(要はwiki風にやろうということですね)


投稿方法はこちらを参照

中国(ネタ?)

初代ポケモンで確認されている唯一の外国。
パラセクトを漢方薬として使う恐ろしい国だ。
まだこの頃は日本は中国と仲良かったんだよな…(零時)

ながねぎ(道具)

カモネギの専用アイテム。
持たせると技が急所に当たりやすくなるという効果だがカモネギ自身の性能が言わずもがななのでこのアイテムを使う機会はまずない。
カモネギを使うにしても別なアイテムの方が役に立つだろう。(アネデパミ)

なぞのばしょ(地名・施設)

DPのバグエリア。ポケモンリーグ四天王のリョウの部屋の入ってきた扉に向かって波乗りすると行ける。
マリンリボン等の説明にこの地名が出てくるが関連性は不明。(アネデパミ)

ナチュラル・ハルモニア・グロピウス(人物)

Nの本名。ポケモンのディレクター増田順一氏のブログで公開された設定。
その痛さ加減とグロピウスという語感の面白さからよくネタにされる。(アネデパミ)

納豆(略称)

ナットレイの事。(アネデパミ)

名無しの洞窟(地名・施設)

ハナダの洞窟の事。初代でハナダの洞窟の中でタウンマップを開くと表示される。
実は名無しの洞窟が正しいらしいのだが制作者も忘れてしまったのだろうか。(アネデパミ)

ナパーム弾(その他)

パルシェンの殻はこの程度では壊せないらしい。
というかポケモン世界に存在するの?(アネデパミ)

名前を呼んではいけないあの人(対戦用語)

解析等で存在だけが判明した正式発表されていない、いわゆる幻のポケモンの事。
ヴォルデモートの事ではない。(アネデパミ)

なみのり(技)

大正義な秘伝技。
攻撃技としても移動手段の面白さとしても秘伝技の中で突出している。
ポケモンのストーリーで一番テンションが上がるのはなみのりが使えるようになって行動範囲が拡がったときではないかと個人的に思っている。(アネデパミ)

波乗りピカチュウ(対戦用語)

64のポケモンスタジアム初代の頃から事あるごとにおまけ等で配布されるポケモン。
ポケットモンスター ピカチュウでは波乗りを覚えたピカチュウを連れていると遊べるミニゲームがあった。(アネデパミ)

ナモの実(道具)

悪タイプが効果抜群の場合その威力を半減するという半減実の1つ。
…が悪タイプの攻撃技は威力が低い物ばかりなのでわざわざ悪タイプの対策にこの実を持たせることは無いと思われる。(アネデパミ)

なんだかんだと聞かれたら(セリフ)

ロケット団の二人の基本の決め台詞。
ちなみに現在は4代目である。(アネデパミ)

逃げ足(特性)

役に立たない特性の1つ。
効果は野性のポケモンから必ず逃げられるというものである。つまり旅でしか役に立たない。
ポケダンではもっと役に立たない特性となっておりHP半分になると怯え状態(敵も味方も関係なくとにかく逃げる)になるという足を引っ張るだけでほとんどメリットがない効果となっている。(アネデパミ)

逃げる(ゲームシステム)

野性のポケモンと戦闘に入った際、その戦いから逃げ出すことができるコマンド。素早さが高い程成功率は高まる。
ストーリー中のNPCトレーナー戦では「ダメだ!勝負の最中に相手に背中は見せられない!」と表示されて失敗する。
対人戦では降参コマンドとなっていて負けが確定した時等に使われる。(アネデパミ)

二刀流(対戦用語)

物理、特殊技どちらも覚えさせた技構成のこと。
二刀とも呼ぶ。(メタルモード)

ニド夫妻(愛称)

ニドキングとニドクインのペアを指す。(アネデパミ)

ニョースカ(ポケモン)

昔のゲームフリークの公式サイトで公開されていたポケモン赤緑の設定画で確認できる没ポケモン。
これが後に金銀でニョロトノの元となったのではと言われている。(アネデパミ)

にらみつける(笑) (愛称)

ファイヤーの事。
初代の三鳥がLv51で覚える技がサンダーが雷、フリーザーが吹雪なのに対し何故かにらみつけるだった為。
現在はにらみつける自体を覚えることができなくなっているが未だにこのネタを引きずっており最近ではPWTのダウンロードトーナメントでにらみつけるを覚えたファイヤーが出てきたりした。

余談だがにらみつけると大文字の技コードが似ていた為、開発者がミスをしてしまいこのような事になったとする説があるがにらみつけると大文字の技コードは似ても似つかぬ全く関係ない値である。
(アネデパミ)

抜き性能(対戦用語)

単独での戦闘能力が高いという意味。
ACSの種族値が高く技の範囲が広いポケモン。(アネデパミ)

ネオラント(ポケモン)

最も影が薄いポケモンは?という質問で必ず名前が挙がるポケモンの一匹。
無補正でもSに20振ってすいすいと追い風を発動させればスカーフガブを抜いて甘えるをすることができたり、魚系のポケモンでは珍しく蜻蛉返りが使えたりと一応個性はあるんだけどね。
見た目と鳴き声は結構派手なんだけど何故こうも印象に残らないのか…。(アネデパミ)

猫の手レパルダス

第5世代のころ発生した社会問題。
夢特性「いたずらごころ」のレパルダスを使った卑怯な戦術。
詳細は以下の通りである↓
1、いたずらごころのレパルダスに、鉄球をもたせる。
2、「ねこのて」を使い、空を飛ぶを繰り出す。
3、相手の攻撃は当たらない。
4、鉄球を持っていることにより、相手の先制攻撃。
5、だが、また攻撃は当たらない。
6、空を飛ぶ攻撃で相手にダメージ
7、2から繰り返して、時間切れか相手の降参を待つ。
簡単かつ勝ちやすいため、多くのトレーナーが使った戦術である。
最近はニャオニクス♂でもこれとほぼ同じ戦術が使われている。

ねむカゴ(対戦用語)

眠る+カゴの実(メタルモード)

鈍い(対戦用語)

ゴーストタイプ以外が使う呪いの事。
攻撃と防御が上がり素早さが下がって「鈍く」なる(アネデパミ)


獲得研究値

S級記事

A級記事

  • アネデパミ
  • アネデパミ
  • アネデパミ

B級記事

  • メタルモード
  • 零時
  • 零時