本文へスキップ

ポケモンXY攻略GEMANI

厳選・育成ポケモンXY

ポケットモンスター X

大変だけど6Vが超激生まれやすくなる方法

まず、6Vのメタモン、6Vのほしいポケモン(♂)を育てやに預け、そのメタモンに赤いいとを持たせておきます。
すると、12の個体値のうち5こを子が受け継ぐので、5Vが確実に生まれます。
その後は6V祭り!
なんと31分の1という超激高確率で6Vが生まれます!
そして、適当に性格を厳選すれば、他のポケモンはミラクル交換で誰かに流せばいいです。
もらった人も喜ぶし、6V生まれた人も喜ぶというメリットが多い厳選方法です!
デメリットは大変すぎるということ・・・

にゃんこです。

なんと32分の1という確率で6Vが生まれます!のところを31分の1と間違えていました。
すいません。
久しぶりです。飛翔です。

個体値は0から31まであるので

31+1で32です。

よって、{なんか数学の証明みたい(笑)}
最初の32分の1で合っています。
証明終(笑)



XY版孵化厳選方法

※注意
この記事は三値や第五世代の厳選方法を全て理解していることを前提に執筆しています。よくわからないという方はBW2のGEMANIポケモン徹底攻略等に詳しく載っているのでまずはそちらでこれらの知識を身に付けてからこの記事を読んで下さい。

ポケモンXYではあかいいとを持たせると個体値の遺伝箇所が3つから5つになるというシステムが導入されました。
これは孵化厳選に革命をもたらしました。

今までは孵化厳選なら4Vが出せれば良い方で5Vなんて何匹も育成して一匹巡り会えるかどうかだったのですから・・・


今回はあかいいとをフル活用したポケモンXYのもっとも正統派な孵化厳選について解説したいと思います。
この方法なら今までは一匹手に入るかどうかだった5V個体を僅か半日程度で手に入れる事が出来てしまいます。

それどころか6Vも狙うのも夢ではありません。


では早速説明していきましょう。

用意するもの

  1. ファイアローorウルガモス(特性は炎の体)
  2. 各種性格メタモン
  3. 各種Vメタモン
  4. タマゴふかパワーLv3
  5. あかいいと
  6. かわらずのいし
  7. まるいおまもり(より効率を求める人に)
  8. パワー○○系アイテム(無くても可)

各種Vメタモンの入手方法

大きく分けて3つあります。

  • 一番手っ取り早い方法

メタモンが出現するフレンドサファリでメタモンを乱獲する方法です。
サファリ産は2V確定なのでボックス1個分程乱獲すれば確実に各種Vのメタモンが確保できる筈です。

  • 2つ目はポケトレを使う方法。

ポケトレは20連鎖で1V、40連鎖で2V、60連鎖で3Vが確定するため60連鎖以上続けられればサファリより効率的に高個体値メタモンを捕まえることが出来ます。
難点は慣れないと心臓に悪くて疲れることです。

  • 3つ目はGTSを使う方法。

「GTSでメタモン Lv21以上〜30未満」で検索すればそれは確実にサファリ産なので2V確定です。
発売当初は競争率が凄まじく高くろくに交換が出来ませんでしたが最近は落ち着いてきているので粘ればすぐにボックス一個程のメタモンと交換することが出来るでしょう。
この方法で手に入れたメタモンは他人産となるため仲がまずまず以下にならないことも利点です。

XY版 厳選作業手順

今回はAll逆Vの控えめガブリアス♂という脅威の糞個体からアイアンヘッドを覚えた砂隠れ陽気HABDSVの5Vフカマルを作る事を最終目標とします。
正に鳶が鷹を産むです。

筆者が実際に行った厳選を元に説明しています。
一部誇張しているので注意(既にAll逆Vというのが…)

  • ステップ1 Oパワー効率化

まずは例によってですがタマゴふかパワーを使い放題にするため4001歩走ってきて下さい。
効率的にタマゴを孵化するならばやはりこの作業は必須です。

  • ステップ2 ♀親の作成

歩数稼ぎが終わったら早速、孵化作業開始です。

まずは♀の親を作成します。
メタモン以外と預けたタマゴは♀のポケモンが生まれるためフカマルを厳選する今回は♀のフカマルを確保することが重要なのです。

今回種となるガブリアスは控えめAll逆Vというどうしようもない奴なのでまずこれをなんとかする事から始めなくてはなりません。

ということで先ずは性格を陽気にすることにします。

ここで登場するのが各種性格メタモン。
この中から陽気の個体に変わらずの石を持たせ糞個体ガブリアス(NNカスリアス)と一緒に育て屋に預けます。

しばらく育て屋前を走り回っていると後ろを向いていた育て屋兄さんが正面を向くのですかさず話しかけましょう。
タマゴが見つかった合図です。

しかし帽子を逆向きに被ってるせいで非常に分かりづらい…。

タマゴを孵してみると陽気フカマル♂が生まれました。

個体値は0-0-16-23-19-6でした。
逆Vガブリアスと陽気なだけの適当個体メタモンじゃこんなもんでしょう。

次にこのフカマルから逆Vを無くしせめて2Vくらいにする作業が始まります。

ここで登場するのが各種Vメタモン達。
今回はサファリで捕まえたAS2Vのメタモンを使うことにします。

このメタモンにあかいいとかパワーリストを持たせます。

預けたポケモン
フカマル♂(陽気HA逆V)変わらずの石
メタモン(ASV)あかいいと

この時点でメタモンのASを引き継いで2Vになる確率は約17.7083%です。
しかしHA逆Vを引き継ぐ可能性も約17.7083%なので逆Vが無い個体が生まれ次第その個体を親にします。

という訳で四匹目で生まれた個体。
陽気フカマル♀21-31-7-9-14-31

だいぶマシになったかな?
この個体を親にし今度はHB2Vのメタモンと一緒に預けます。

これでフカマル♀はAS2V、メタモンはHB2V。親両方の能力から4/12がV。
これであかいいとを持たせて3Vが生まれる確率は17.3177%です。
約6回タマゴを孵すと生まれる計算なので少し高個体値に近づきました。

その親から更にタマゴを孵して17回目…
やっと31-31-18-21-10-31の3V♀が生まれました。
ひとまず種となるフカマル♀の厳選は終わりとします。

  • ステップ3 遺伝要員の♂親の作成

今回はアイアンヘッドを遺伝させるため遺伝要員となる♂ポケモンも厳選しなくてはなりません。
フカマルと同じタマゴグループでアイアンヘッドを覚えられるのはココドラ系のみです。

今作では♀からでもタマゴ技を遺伝出来ますがどちらにしても♀に遺伝させなくてはならないので結局遺伝用♂を厳選しなくてはなりません。

ということでステップ2と似たような手順でABD3Vの♂ココドラを作成しました。
このココドラをLv25まで育ててアイアンヘッドを覚えさせ遺伝用♂親完成です。

尚、これはタマゴ技を覚えさせる場合なのでタマゴ技が必要ないor性別不明の場合このステップはパスして大丈夫です。

  • ステップ4 本格的厳選開始

ステップ2とステップ3でフカマルが生まれるようにするための♀親とタマゴ技を覚えさせるための♂親を作成しました。
ここから遂に本当の厳選が開始です。

フカマル♀(陽気HASV)に変わらずの石を持たせココドラ♂(ABDV)に赤い糸を持たせて預けます。

この段階で4Vが生まれる確率が14.2253%(約7回)、5Vが生まれる確率が1.4323%(約70回)まで上がります。

6回目の孵化でアイアンヘッド遺伝のHABDVの4V♂フカマルが生まれたので赤い糸持たせてココドラと交代します。

4V×3Vなら4Vの生まれる確率は23.5677%(約4回)、5Vの生まれる確率は2.7344%(約37回)になります。

このように元の親より高個体が生まれたらその個体を新しい親にしていくのです。

この後10回目の孵化で陽気HADSVの5Vフカマル♀が生まれました。
変わらずの石を持たせて今まで預けてたHASVのフカマル♀と交代です。

HABD×HADSの4V×4Vになりました。
これで4Vの生まれる確率は37.7604%(約3回)、5Vは5.2083%(約19回)!。

更にそこから孵化を続けて24個目のタマゴを孵化させた時!

フカマル♂
陽気
特性 すながくれ
個体値 H31-A31-B31-C28-D31-S31
たいあたり、アイアンヘッド

5Vです。特攻も役割破壊で大文字撃たせるなら充分。
所要時間は9時間32分です。
BW2以前は家宝に出来るレベルの高個体が僅かこの程度の時間で生まれてしまいました。

この個体を更に親にして5V×4Vで厳選した場合5Vの確率が9.8958%(約10回)、6Vが0.2604%(約384回)になり、5V×5Vにすれば5Vが18.75%(約5回)、6Vが0.5208%(約192回)になります。
これなら頑張れば6Vも目指せますね。

ちなみに従来通りパワー○○系アイテムを持たせて厳選を行った場合6Vが生まれる確率は6V×6Vでも1/33554432です。

この方法より更に早く5Vを狙えるリセット法という厳選もありますがそれはちょっと邪道な気もするので別項で解説します。


※確率の計算は合っているかかなり微妙な為参考程度に





遺伝の仕様の変更

今日HABVカイリューを作りたかったので、

  • ハクリュー♀HBCV@パワーウェイト
  • ハクリュー♂ABV@パワーリスト

を預けました。
もし仕様がBW2から変更されてないなら
100%HABVミニリュウが生まれる筈ですが、
五匹孵化させたところHABVは一匹もいませんでした。
どうやら仕様はHGSS仕様になった様です。

そこで知らない方にHGSS仕様を教えます。

パワー系アイテムを持たせた場合

持たせた親の個体値(道具によって上がる場所)を2分の1の確率で受け継ぐ。
(尚、パワー系の道具を持たせてない場所はランダムで決まる)

変わらずの石

持たせた親の性格を2分の1の確率で受け継ぐ。
(持たせてない場合はランダムで決まる)


以上の2つがHGSS仕様ですが
赤い糸の存在も発覚してますし
今のところは不明です。
更に仕様について知ってる方は追記願います。

記事主さんは遺伝システムの根本的な部分を勘違いしてるのではないかと思われます。

HABVカイリューを作るためにHBCV@パワーウェイトハクリューとABV@パワーリストハクリューを預けたようですがそれでは生まれる訳がありません。

まずパワー○○系アイテムを♂♀両方に持たせてしまってますがそれ、両方の親に持たせてしまうと片方しか効果がありませんよ?
パワー○○系アイテムは一番優先的に引き継がせたい個体値を持っている親に持たせて、もう一方の親には性格を引き継がせる為に変わらずの石を持たせる、というのが定石です。

次に「もし仕様がBW2から変更されてないなら100%HABVがミニリュウが生まれる筈」ってのが意味不明ですね…。もしかして親の能力の同じ箇所の個体値(この場合B)がVなら100%引き継ぐと勘違いしてませんか?

個体値の遺伝は両方の親の12の個体値からランダムで3つ引き継ぐんですよ?
確かに両方の親の同じ能力の個体値を同じ値にすればその値が遺伝する判定が二回行われることになるため、結果的にその能力を引き継ぎやすくなりますが、それ以外の能力も引き継ぐ判定が行われる訳ですから、それだけでは100%にはなりません。
記事主さんはこれをHGSS仕様と思っているようですがBW2も同じ仕様ですからね。

あとHGSSもパワー系アイテム持たせた時の該当個体値の遺伝確率は100%です。個体値の遺伝は厳選を行う上で一番初歩的なとこなのにツッコミどころが満載過ぎます…

とりあえずまとめますと、XYはあかいいとで親の12の能力から5つ引き継げるようになったというところ以外の個体値遺伝の仕様はBW2から何も変わってません。
そうでしたか…すっかり勘違いしていました。
記事の訂正有り難う御座いました。

一気に40ぐらい

他人から貰ったポケモンが弱かったり、
進化前のポケモン(種ポケ)を一気に育てたい――という人がたくさんいるようです。

今作(XY)で出来た使える育てかたを紹介します

まず、殿堂入りするかしないかは自由ですが、
手持ちにレベル80を越えているポケモンが四体
(チャンピオンロードあたりにつくとだいたい60以上いってたりする)と、
育てたいポケモン(他人から貰った低レベル種ポケ)としあわせタマゴです。

育てたいポケモンにしあわせタマゴを持たせて先頭にし、
四天王に戦いを挑みます。
出したらすぐ戻して別のポケモンを出して倒します。
8000近く経験値がもらえます。
進化させないようにBボタンを押して、
他の四天王も出して入れ換えてをして倒し、
経験値を――これを1戦闘で繰り返せば、20〜33ぐらいまでいき、
進化させなければ40は越えます。

三進化ポケモンだったら、二人目を倒したあたりでニ進化目にして、
他の四天王を倒し、進化させない。
チャンピオンを倒して、そこで三進化目にします。
その時点で三進化目なので、メタモンと一緒に育て屋に
あかいいとを持たせた状態で預けてタマゴを手にいれ、
それを孵化させて、生まれたポケモンにきょうせいのギプスを持たせて、
一回四天王の所にいき、すぐに進化させてもかまわないので戦って倒し、
チャンピオンも戦って倒します(入れ換えてした方が努力値が貰える)。

恐らく、親ポケモンの努力値を全ふりして、
あかいいとを利用したタマゴは、
使い方次第では6Vポケモンができるので、
時間に余裕があったらやってみましょう。

何回も繰り返せば、ステータスが高いポケモンが出来ます
ニューラ→マニューラのやつをやって、この方法をやったら、
レベル50で素早さが200いけました。

効率が悪い

四天王はいちいちエンディングを見る必要があり、また手持ちの交代という作業がとても効率が悪いです。
それよりもレストラン・ド・キワミのローテーションバトルを利用をお勧めします。

規定のターン数に近いターン数で勝利すると、賞金と副賞(かおるきのこ)で稼ぐことができます。
レストラン・ド・キワミでは、参加費が10万円、敵がLv63と敷居は高いですが、おまもりこばんを付けて規定ターン付近で勝てば1回(5戦)で副賞のかおるきのこを売却すれば合計20万円分ほどもらえることになりますので、差し引き10万円程度の利益になります。
制限なく何度でも戦えるのもメリットです。
ローテーションバトルで戦えば、弱いポケモンの育成もより楽に行えます。

私はいつもローテーションバトル主力(お守り小判)・サブ(こううんのおこう)・育成したい個体(しあわせたまご)で資金稼ぎとレベル上げを行っています。

ポケモンXYは赤い糸で個体値が5つ遺伝することが判明

増田順一氏のツイッターより

@Junichi_Masuda: バトルディレクター森本くんに聞いたんだけど、道具「あかいいと」を持たせて育て屋に預けると、ポケモン2匹の「のうりょく」の生まれつきの強さを引き継ぐんだって!

つまり赤い糸を持たせると親2匹の12の能力の個体値のうち5つを引き継ぐようになったみたいです。

ということは6Vメタモンと3Vの親を預けて赤い糸を持たせると6Vの生まれる確率は……

すみません。その辺は計算得意な人に任せます…

ちょっと計算でつまずきましたがこれにより3V×3Vで4Vが、4V×4Vで5Vが、5V×5Vなら6Vも時間の問題とかなり高個体値が出やすくなるのではないかと思います。
第6世代は乱数等しなくても4V5Vが当たり前の時代になるかもしれませんね。

ちなみに赤い糸はショウヨウシティのホテルにいる人から貰うことが出来ます。



こういう計算苦手…

BW2での厳選・育成まとめとXYでの厳選・育成予想

お久しぶりです
リーフィアです。
最近情報がどんどん発表されてますね。
どうも最新情報を載せるのは苦手なもので記事書く回数が減ってきてます(笑)
ということで今回も過去作おさらいと新作予想です。

今回は厳選についてです。
厳選は新作がでるたびにやりやすくなっていってます。
ただ、僕はBW2からしか厳選したことないもので・・・
ということでBWからの厳選について(オイ

BWではHGSSからつづいてかわらずのいし、パワー◯◯といった厳選に役立つアイテムやジャッジさんが登場しています。

かわらずのいし 持たせたポケモンの性格を50%(BW2では上がります)で引き継ぐ
パワー◯◯ 持たせたポケモンのそのアイテムに対応する個体値
(アンクルなら素早さ、ウエイトならHP)を必ず引き継ぐ。
育成では前作に引き続きタウリン系、パワー◯◯、
きょうせいギブスやポケルスに加え、新たに羽が追加されました。
タウリン系 それぞれ対応努力値を10上げる(100以上にはならない)
羽系 それぞれ対応する努力値を1上げる(上限なし)
パワー◯◯ ポケモンを倒した時、貰えるそれぞれ対応する努力値が4上がる
きょうせいギフス
ポケルス
貰える努力値が二倍になる


BW2では大きく変わります
厳選では前述したかわらずのいし効果上昇に加え、特性の遺伝、ジョインアベニューでの孵化が追加されました。
これによりとても厳選がしやすくなりました。

育成ではジョインアベニューでお金さえあれば自由に努力値がふれるようになりました。


予想はまた次回書く予定です。

ページメニュー

ポケモンXYの攻略記事やツッコミを書く

獲得研究値

S級記事

  • アネデパミ

A級記事

  • リーフィア
  • アネデパミ
  • できぬぅ!
  • milk
  • お汁粉
  • アネデパミ

B級記事

  • にゃんこ
  • 飛翔