本文へスキップ

誰でも気軽に書ける【非公式】読み物中心の攻略記事まとめサイト

アルファベットポケモン大辞典

このページはポケモンに関する様々な用語を纏めてちょっとした辞典にしようというページです。

しかし…!
自分ひとりの手でポケモンの用語を収集して記事として纏めるのは少々しんどい…

そこでこの辞典の用語は誰でも好きに追加できるということにします。
(要はwiki風にやろうということですね)


投稿方法はこちらを参照

A

A(対戦用語)

"こうげき"の略称のこと。ATTACK(アタック)の頭文字からとってる。(ののの)

ALL100族(対戦用語)

種族値が全て100のポケモンの総称。
ミュウ、ジラーチ、マナフィ等幻ポケモンがそれにあたる。(ののの)

B

B(対戦用語)

"ぼうぎょ"の略称のこと。BLOCK(ブロック)の頭文字からとってる。(ののの)

BW(略称)

ポケットモンスターブラック・ホワイトの略称。(ののの)

BW2(略称)

ポケットモンスターブラック2・ホワイト2の略称。(ののの)

C

C(対戦用語)

"とくこう"の略称のこと。CONTACT(コンタクト)の頭文字からとってる。(ののの)

C-GEAR(略称)

BWの便利端末。
ゲームシンクに接続する「Wi-Fi」、ハイリンクに行く「WIRELESS」、赤外線通信で対戦や交換を行う「IR」、すれ違いログと徹底的に通信に特化している。
これまでの便利端末と違い遊びの要素というものはほとんど無い。
続きから始めるを選ぶ度にC-GERAをオンにするかを聞いてくるのが非常に煩わしい。(アネデパミ)

D

D(対戦用語)

"とくぼう"の略称のこと。DEFENSE(ディフェンス)の頭文字からとってる。(ののの)

DD(略称)

ダンシングデブの略。
これでもティエルノのことだと通じるようになってしまった。(アネデパミ)

DPt(略称)

ポケットモンスターダイヤモンド・パール・プラチナの略称。(ののの)

E

Em(略称)

ポケットモンスターエメラルドの略称。(ののの)

ENDING〜それぞれの未来へ〜(音楽)

タイトル通りBWのエンディングのBGM。
これまでの旅の終わりを感じさせるゆったりとした曲と異なりこれから始まる新たなる伝説を匂わせるような荘厳で激しい旋律が特徴。
BWの人気曲の1つ。(アネデパミ)

F

FL(略称)

ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーンの略称。(ののの)

G

girafarig(愛称)

キリンリキの海外名。
海外名でも回文にする辺りに翻訳者のこだわりが感じられる。(アネデパミ)

Gアンノーン(愛称)

アルファベットのG形をしたアンノーン…なのだがどうやったらGに見えるのだろうか…。
HGSSが発売されてジョウトポケモンが全て書き直されるまではこのGアンノーンが公式イラストに採用されていた。
GAME FREAKの頭文字という事か。(アネデパミ)

H

H(対戦用語)

"HP"の略称のこと。そのままHPの頭文字からとってる。(ののの)

HGSS(略称)

ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバーの略称。(ののの)

I

IR(ゲームシステム)

赤外線通信という意味。
HGSS、BW、BW2等黒いDSソフトはカードにこの赤外線通信機能が内蔵されている。(アネデパミ)

K

KISEKI(音楽)

ポケモンXYのエンディングで流れるBGM。
ポケモン初のゲーム中に歌詞が表示される曲である(歌詞がある曲自体はカイナシティなど幾つかある)
歌詞の内容はラストシーンで3000年ぶりに再会したAZとフラエッテを表したものと思われる。(アネデパミ)

N

N(人物)

BWで主人公より目立っちゃってるキャラクター。
ポケモンのことを「トモダチ」と呼びポケモンは人間から解放されなくてはならないという思想を持っている。
彼の悪口を言うと腐女子という人に攻撃されるので要注意だ。(アネデパミ)

M

MOTHER(その他)

コピーライターの糸井重里氏が企画したRPG。近現代風のアメリカを思わせる世界を舞台としており、当時主流だった剣と魔法のRPGとは一線を画した斬新な世界観をしている。
熱狂的なファンがおりポケモンの原案者田尻智氏はこのゲームにポケモンを作るに辺り多大に影響を受けたと語っている。(アネデパミ)

O

OK!(音楽)

「ポケットモンスター(無印)」の三代目OP曲。
アニポケの中では異色のハードロックでヘヴィーメタルなサウンドが熱い。
ちなみにめざせポケモンマスターとこの曲の前半のベースのメロディは同じである。(アネデパミ)

P

PAR(略称)

改造ツール、プロアクションリプレイの略。
海外版のポケモンの麻痺状態という意味でもある。(アネデパミ)

PBR(ポケモン)

ポケモンバトルレボリューションの略。
今や懐かしのソフト。(アネデパミ)

PDW(略称)

ポケモンドリームワールドの略。(アネデパミ)

PGL(略称)

ポケモングローバルリンクの略。
XYでも続投が確定した…。(アネデパミ)

POKMON(ポケモン)

ポケットモンスターの海外での商標名。
何故ポケットモンスターではなく略称のポケモンかというと英語圏ではポケットモンスターが男性のアレを意味するニュアンスである為である。
また既に「Monster in My Pocket」という商標が登録されていて紛らわしいというのもある。
ちなみに何故Eの上に点を付けるかというとそのままPOKEMONだと英語圏の人は「ポキモン」と発音してしまうからだ。(アネデパミ)

PSS(ゲームシステム)

ポケモンXYの目玉機能の1つ。ゲーム中の下画面で表示される機能。
「プレイヤーサーチシステム」の略で3DSをインターネットに接続していると常に同じ時間帯にネットに接続している世界の見知らぬプレイヤーとリアルタイムで対戦や交換を行うことができる。(アネデパミ)

R

ReadyGo(音楽)

アニポケ無印シリーズ最後となったOP曲。
神曲揃いの無印シリーズの中でも屈指の人気を誇りアニポケで好きな曲は?という質問が出ると真っ先に挙げられる曲の1つ。
映像がまたラストシーズンという感じで良い。(アネデパミ)

RSE(略称)

ポケットモンスタールビー・サファイア・エメラルドの略称。(アネデパミ)

S

S(対戦用語)

"すばやさ"の略称のこと。SPEED(スピード)の頭文字からとってる。(アネデパミ)

serectBB(技)

初代のバグの基本。
バッグでserectBBして野生ポケモンと戦闘。適当なポケモンでAを押せば高確率でバグが発生する。(アネデパミ)

StandbyMe(その他)

1986年公開のアメリカ映画。4人の12歳の少年達が線路づたいに死体探しの旅に出るという、ひと夏の冒険が描かれている。
同名の主題歌も名曲。
ポケットモンスター赤緑で主人公の家のテレビでやっている映画はこれである。(アネデパミ)

U

U(対戦用語)

個体値30の事。
16進数表記の時Uが30番目であることに由来する。(ののの)

UMA(略称)

ユクシー・エムリット・アグノムの総称。
名前の頭文字や頭の形を見れば意味が分かる。
ちなみにUMAとは未確認生物を意味する。(アネデパミ)

V

V(対戦用語)

個体値が31である事。
16進数表記の時Vが31である事に由来。(アネデパミ)

W

Wアンノーン(愛称)

あまり知られていないがWアンノーンはクリスタル以降形が変更されている。
理由はフジテレビのロゴにそっくりだったのでクレームが入ったからだと言われているが真相は如何に?!(アネデパミ)

X

X(愛称)

ルギアの事。
幻のポケモン ルギア爆誕の最初の予告編が公開されたときの仮タイトルが「幻のポケモン X爆誕」だった為。(アネデパミ)

X海峡Y景色(音楽)

アニメ「ポケットモンスターXY」の初代ED曲。歌はJ☆Dee'Z。
歌詞がとにかく意味不明でニコニコ動画風の気持ち悪い映像と合わさってポケモンアニメ史上最悪のEDと言われるほど評判が悪い。
しかしこんな迷曲でも作詞は「ポケットにファンタジー」や「風といっしょに」の戸田昭吾さんなので困ってしまう。(アネデパミ)

XD(略称)

ゲームキューブ用ソフト「ポケモンXD 闇の旋風ダークルギア」の略。(アネデパミ)

XY(略称)

ご存知ポケットモンスターX・Yの略。(アネデパミ)

Z

Z(愛称)

ゾロアークの事。
幻影の覇者ゾロアークの仮タイトルが「幻影の覇者Z」だった事に由来。(アネデパミ)


獲得研究値

S級記事

A級記事

  • ののの
  • アネデパミ
  • アネデパミ
  • アネデパミ

B級記事